FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】トレンドラインをブレイクしたのでエントリーもダマシにあう

注意:この記事は2017年8月10日にリライトしています。トレード内容は2017年8月8日ものです。

それでは、いつものようにFXのチャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

今回の検証内容は、トレンドラインのブレイクです。

最近よく思うのは、トレンドラインのブレイクという一つだけのシグナルでは、ダマシにあう可能性が高いということです。

今回もトレンドラインだけをみてエントリーしてダマシにあってしまいました。

それでは、エントリーやエグジットの根拠を書いて予想し、その結果を検証していきます。

エントリー根拠

まずはエントリーした際のドル円の1時間足を表示させます。

トレンドラインを下にブレイクしたドル円の1時間足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それではエントリーの根拠を書いていきますね。

まぁ、チャートを一目見てもらったら分かると思いますが。

チャートを見てもらうとレートが上昇トレンドラインをブレイクしているのが分かると思います。

これが一番のエントリー根拠ですね。

さらには、一目均衡表の雲の下限でも止まらずにレートが下落したこともエントリーした根拠になると思います。

私はこのまま勢いよく、110円前後まで下落するだろうと予想してショートでエントリーしました(バーチャルトレードですよ笑)。

レートは110.35円です。

エグジット根拠

続いてエグジットの根拠を書いていきますね。

損切りのポイントは、このトレンドラインの始まりの高値である111円としました。

ここを突破されたら諦めます。

損切りのポイントを一目均衡表の雲の上限にしようかと思ったのですが、中途半端な位置だと感じたので止めておきました。

雲を見て損切りするなら、雲の下限で損切りした方がいいくらいです。

利確のポイントは、ここ最近の節目である110円前後としました。

ここ最近は、何度も110円前後までレートが下落すると、そこから反発していたので、今回も下落するとしてもここらあたりまでだろうと予想しました。

トレード結果を検証

それでは、エグジットの際のドル円の1時間足チャートを表示させます。

トレンドラインをブレイクしたと思ったらダマシだったドル円の1時間足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

エントリーしてから、レートは10pipsくらい下落したのですが、そこから大反発してしまい、危うく損切りの危機に。

ただ、損切りラインの手前で反落して、いってこいの結果になりました。

ここで、私は今回のエントリーは間違っていたと判断して110.38円でエグジットしました。

ダメですね。

どうもトレンドラインはダマシが多いような気がします。

トレンドラインの位置や他の指標との組み合わせが大事ですね。

後は、ニューヨーク時間が始まる前後はテクニカルと関係なくレートが動くので、ニューヨーク時間をまたぐようなトレードはしないようにしたいと思います。

エントリー時間・レート:2017年8月8日20時27分頃・110.35円

エグジット時間・レート:2017年8月9日5時22分頃・110.38円

トレード結果:上昇トレンドラインをブレイクしたのを見てショートでエントリーしたが、ダマシにあってしまい-3pips