FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

豪ドル円を週足チャートで分析して中長期の予想をした結果を検証

注意:この記事は2017年11月17日にリライトしています。

そういえば、6月に豪ドル円の中長期予想をしていたのに、その結果を検証する記事を書いていなかったので、行政書士試験も終わり暇になったので、良い機会だから書いておこうと思います。

記事をほとんど更新しなくなってから、アクセスは減る一方ですが、そんな事はなるべく気にしないようにして、これからもマイペースに記事を書いて行こうと思うのでよろしくお願いします。

それでは、豪ドル円の中長期予想の結果を検証していきますね。

豪ドル円の中長期予想は当たったと言って良いかも

とりあえず、6月に予想した記事を貼ってから結果を検証していきますね。

www.fxtrade-blog.com

それでは、豪ドル円の週足チャートを表示させて検証していきます。

一目均衡表を表示させた豪ドル円の週足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

予想記事では、チャートの白枠内を上か下かどちらかにブレイクした後の予想をしていますが、今回は上にブレイクしたので、上にブレイクした場合の予想を検証します。

予想記事には、「白枠内のレンジを上にブレイクした場合は、2017年2月13日の高値88.17円か、それを超えて上昇した場合は2015年11月30日の高値90.71円あたりまで進むかも知れませんね。」と書いてありました。

結果は、白枠内を上にブレイクした後は勢いよく上昇し、2017年9月に90.30円あたりまで上昇し、その後下落しました。

やはり高値付近というのは抵抗にあいやすいようですね。

予想記事では「90.71円あたり」としていたので、40pips程度の誤差はありますが、中長期の予想と考えた場合、予想は当たったと言っても良いと思うんですよね。

まぁ、予想をしただけで実際にトレードはしていないので残念な気持ちの方が大きいですが。

白枠内を上にブレイクしてエントリーしたとした場合、500pipsも獲得することができていた計算になるので、おしいことをしたなぁなんて思っています。

あとがき

今後も豪ドル円を実際に長期で保有するつもりはないので、中長期予想はあまりしないと思います。

ただ、豪ドル円くらいになると、ある程度チャートも機能するものだと分かったので、気が向いたときにでもまた豪ドル円の中長期予想をチャートで分析した記事を書いてみたいと思います。