FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】1分足のボリンジャーバンドでいつものようにトレードして4pips獲得

注意:この記事は2017年11月22日にリライトしています。

いつものように、FXのチャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

今回はドル円のスキャルピングで検証してみますね。

ここ最近、スキャルピングで頻繁に使用している1分足のボリンジャーバンドでトレードしたものを検証してみようと思います。

それでは、エントリーやエグジットの根拠を書いて予想し、その結果を検証していきますね。

エントリー根拠

まずはエントリー時のドル円の1分足を表示させます。

1分足のボリンジャーバンドを表示させたエントリー時のドル円のチャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それではエントリーの根拠を書いていきますね。

まぁ、いつものように1分足のボリンジャーバンドを使用する際に適用するエントリールールなので、ここで詳しくは説明しません。

興味のある方は、こちらの記事を読んでみてください。

www.fxtrade-blog.com

簡単に説明すると、20MA(黄色の移動平均線)を上抜け又は下抜けしたらエントリーして、ボリンジャーバンドの3σにレートがタッチしたらエグジット、というようなトレードルールです。

今回は-2σにタッチしてから反転し20MAを上抜けしたところでエントリーしてみました。

エグジット根拠

次にエグジット時のドル円の1分足チャートを表示させます。

1分足のボリンジャーバンドを表示させたエグジット時のドル円チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

損切りは20MAをレートが1分足の終値で下回ること、20MAの向きが下向きになること、の2つの条件が揃ったときにします。

利確はエクスパンションした後のボリンジャーバンドの3σに、レートがタッチした時点です。

損切りや利確のルールは、まだしっかりとは固まっていません。

もう少し、検証してみます。

トレード結果を検証

チャートを見ると、ボリンジャーバンドの3σにタッチする前にびびってエグジットしてしまっています。

なんとか勝つことはできましたが、これでは駄目ですね。

しっかりとルールを守ったうえで勝てるようにならないと・・・

これからも、引き続き1分足のボリンジャーバンドを検証していきます。

エントリー時間・レート:2017年11月22日19時03分・112.10円

エグジット時間・レート:2017年11月22日19時18分・112.14円

トレード結果:20MAを上抜けしたところでエントリーし、ボリンジャーバンドの2σにレートがタッチしたところでびびってエグジットして+4pips