FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】20EMAまで引きつけてからのショートで利確2017/6/30

今回のFXチャート分析はドル円のスキャルピングです。

スキャルピングなのでエントリーからエグジットまでをひとつの記事に書きます。

あまりpipsを稼ぐことはできなかったのですが、まぁ利確できたので良しとします。

それでは、エントリー根拠などを書いてから、予想結果を検証していきたいと思います。

エントリー根拠

まずはエントリー時のドル円の15分足チャートを表示させます。

20EMAに引きつけてからショートした場面のドル円15分足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

とりあえずチャートをみてください。

一度、大きく下落してから20EMA(黄色の移動平均線)まで戻ってきているのが分かると思います。

私はここが戻り売りのポイントになるか、いったん抵抗にあい下落するだろうと考えショートでエントリー。

レートは112.60円です。

スキャルピングなので数pips稼げたらいいわけですから、下にある80EMA(青色の移動平均線)なんかは気にする必要はありません。

なので、思い切ってエントリーです。

エントリー時間:2017年6月29日23時55分頃

エグジット根拠

こちらはエグジット時のドル円15分足のチャートです。

20EMAに跳ね返されて下落するドル円の15分足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

損切りポイントは、前の足の高値の少しうえ、112.65円です。

利確ポイントはスキャルピングなので、さしたる根拠もありません。

予想通りに20EMAにあたって下落して、5pips以上の利益を確保できたのでエグジット。

レートは112.54円でした。

後でチャートをみると、そのまま111円台まで下落しているので、そのまま放置していればよかったのですが、スキャルピングとしてトレードしているので、今回はこれで仕方ないと諦めます。

エグジット時間:2017年6月30日0時2分頃

トレード結果:20EMAにタッチした後に戻り売りして+6pips

こちらは前回にドル円をスキャルピングしたときの記事です。

www.fxtrade-blog.com