FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】1分足のボリンジャーバンドでトレードして3pips獲得

注意:この記事は2017年11月23日にリライトしています。

いつものように、FXのチャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

今回はドル円のスキャルピングで検証してみたいと思います。

1分足とボリンジャーバンドを使用してトレードしてみたいと思います。

最近は、1分足のボリンジャーバンドばかり使用して、同じような記事ばかりですが、もうしばらくこのテクニカルを検証していきたいと思います。

それでは、エントリーやエグジットの根拠を書いて予想し、その結果を検証していきますね。

エントリー根拠

まずはエントリー時のドル円の1分足を表示させますね。

1分足のボリンジャーバンドを表示させたエントリー時のドル円チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それでは、エントリーの根拠を書いていきますね。

とは言っても、1分足とボリンジャーバンドを使用して、事前に取り決めたルールどおりにトレードするだけなんですけどね。

どういったルールかというと、20MA(黄色の移動平均線)を上抜け又は下抜けしたらエントリーして、ボリンジャーバンドの±3σにレートがタッチしたらエグジット、というようなトレードルールです。

今回もトレードルールどおりにロングでエントリーしました。

レートは111.24円です。

エグジット根拠

次にエグジット時のドル円の1分足チャートを表示させます。

1分足のボリンジャーバンドを表示させたエグジット時のドル円チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

損切りのポイントは、20MAをレートが下回ること、20MAの向きが下向きになること、の2つの条件を満たした時点で損切りとします。

利確のポイントは、レートがエクスパンションした後のボリンジャーバンドの3σにタッチした時点です。

事前に決めているトレードルールなので、損切りポイントも利確ポイントも迷わなくて楽ですね。

トレード結果を検証

今回も1分足とボリンジャーバンドを使用して勝つことができました。

チャートをみると、ボリンジャーバンドの3σにタッチした後に下落しているので、事前に決めておいたトレードルールがある程度機能しているようで安心しました。

いつもは、なかなかトレードルールどおりにトレードできずに、途中でエグジットしたりしてしまうのですが、今回はしっかりと事前に決めたトレードルールどおりにトレードできたので良かったです。

わずか3pips獲得しただけですが、満足感はあります。

エントリー時間・レート:2017年11月23日15時53分・111.24円

エグジット時間・レート:2017年11月23日15時57分・111.27円

トレード結果:事前に取り決めたトレードルールにより、20MAを上抜けしたところでエントリーし、ボリンジャーバンドの3σにレートがタッチしたところでエグジットして+3pips