FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ポンド円】1分足のボリンジャーバンドを使用してショートでエントリーし8pips獲得

注意:この記事は、2017年11月28日にリライトしています。

今回のFXチャート分析は、ポンド円のスキャルピングです。

1分足のボリンジャーバンドを使ってポンド円をトレードしてみましたが、ポンド円でもドル円と同じように機能しているような気がします。

それでは、エントリー根拠やエグジット根拠などを書いて、いつものように予想結果を検証していきたいと思います。

エントリー根拠

まずはエントリー時のポンド円の1分足チャートを表示させます。

ボリンジャーバンドを表示させたポンド円の1分足チャート(エントリー時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それでは、1分足のボリンジャーバンドを使用したトレードをする際のルールを簡単に説明します。

簡単に説明すると、20MA(黄色の移動平均線)を上抜け又は下抜けしたらエントリーして、ボリンジャーバンドの3σにレートがタッチしたらエグジット、というようなトレードルールです。

今回は、レートが20MAにいったんぶつかってから反落したので、ショートでエントリーすることにしました。

チャートを見ると、148円をなかなか割らないので、本当にショートでエントリーして大丈夫なのか心配でしたが、せっかくバーチャルトレードで検証しているので、思い切ってエントリーしてみました。

エグジット根拠

エグジット根拠も事前に決めたトレードルールどおりにトレードします。

損切りのポイントですが、20MAをレートが上回ること、20MAの向きが上向きになること、の2つの条件を満たした時点で損切りとします。

利確のポイントは、エクスパンションした後のボリンジャーバンドの-3σにレートがタッチした時点です。

エグジットはなかなかルールどおりにできないので困っているのですが、リアルトレードを再開するまでにしっかりとマイルールを守ることができるようになっていたいです。

トレード結果を検証

まずは、ポンド円の1分足チャートを表示させますね。

ボリンジャーバンドを表示させたポンド円の1分足チャート(エグジット時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

なんとか、ルールどおりにエグジットすることができました。

ただ、完全にエクスパンションしたとは言えないので、そのへんは残念ですが、-3σにタッチしているので良しとします。

ポンド円でも1分足のボリンジャーバンドで勝つことできました。

まぁ、トレードの回数が少ないので本当に1分足のボリンジャーバンドが値動きの荒いポンド円で機能するのか分かりませんが。

ドル円はある程度勝てるのは分かってきたんですけどね。

エントリー時間・レート:2017年11月28日18時37分・148.02円

エグジット時間・レート:2017年11月28日18時40分・147.94円

トレード結果:事前に取り決めたトレードルールにより、20MAにぶつかって反落したところでエントリーし、ボリンジャーバンドの-3σにレートがタッチした後にエグジットして+8pips