FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】1分足とボリンジャーバンドを使ったスキャルピングを試す

いつものように、FXのチャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

今回はドル円のスキャルピングで検証してみたいと思います。

最近、頻繁に検証している1分足とボリンジャーバンドを使用したトレードです。

これと同じようなトレードを何度も繰り返して、このトレード手法が使えるものかを検証してみたいと思っています。

リアルトレードを再開したときに、ひとつの武器になっているといいんですけどね。

それでは、エントリーやエグジットの根拠を書いて予想し、その結果を検証していきますね。

エントリー根拠

まずはエントリー時のドル円の1分足を表示させます。

ボリンジャーバンドの20MAをレートが上抜けするドル円の1分足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それではエントリーの根拠を書いていきますね。

エントリーの根拠と書きましたが、エントリールールといった方が正しいですね。

「1分足とボリンジャーバンドを使用して、事前に取り決めたルールどおりにトレードする」ということをして、その結果を検証してみたいと思います。

どんなルールか知りたい方は、こちらのトレード記事に詳しく書いていますのでどうぞ。

www.fxtrade-blog.com

簡単にいうと、20MA(黄色の移動平均線)を上抜け又は下抜けしたらエントリーして、ボリンジャーバンドの3σにレートがタッチしたらエグジット、というようなトレードルールです。

今回はレートがバンドの‐3σにタッチしてから、20MAを上抜けしていったところでロングのエントリーとなります。

ちなみに、できるだけバンドの3σ、-3σにレートがぶつかってから反転して20MAを上抜け、下抜けするようなときにエントリーするようにしています。

1分足の3σや-3σにタッチしないということは、まったくと言っていいほど値動きがないということですから、そんなときにトレードしても仕方がないだろうということです。

エグジット根拠

次にエグジット時のドル円の1分足チャートを表示させます。

ボリンジャーバンドの3σにレートがタッチしたドル円の1分足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

損切りのポイントは、20MAをレートが下回ること、20MAの向きが下向きになること、の2つの条件を満たした時点で損切りとします。

このチャートでいうと20MAのすぐ下の113.13円あたりですね。

この損切りルールに関しては、まだ固まっていないので、今後変更していく可能性がありますが、今回はこのままでいきます。

利確のポイントは、レートがエクスパンションした後のボリンジャーバンドの3σにタッチした時点です。

チャートを見ると、まだ完全にエクスパンションしたとは言えない状態でエグジットしてしまっているので、反省ですね。

トレード結果を検証

なんとか、今回も1分足とボリンジャーバンドを使用したトレードで勝つことができました。

私の場合、リアルトレードで1分足を使用していたときは負けてばかりだったので、今回のようにすんなりと勝つことができると不思議ですね。

ふと思い立って、試してみたトレードルールですが案外使えるのかもしれません。

もちろん、何百回と同じトレードを繰り返してみないと何とも言えませんが。

エントリー時間・レート:2017年7月13日21時19分・113.16円

エグジット時間・レート:2017年7月13日21時20分・113.22円

トレード結果:事前に取り決めたトレードルールにより、20MAを上抜けしたところでエントリーし、ボリンジャーバンドの3σにレートがタッチしたところでエグジットして+6pips

こちらは、5分足とボリンジャーバンドを使用してトレードしてみたことを記事にしたものです。よければどうぞ。

www.fxtrade-blog.com