FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】週間為替相場予想どおりにトレードしてみた

今回は、少し趣旨を変えた記事を書いてみたいと思います。

私はここ最近毎週日曜日にドル円の週間為替相場予想記事を書くようにしているのですが、今回はその予想記事どおりにトレードしたら、どんな感じになるのか試してみたいと思います。

「週間為替相場予想どおりにトレードしたらどうなるのか」という記事を恒例にしてみるのもいいかな、と思っています。

それでは今週のドル円の週間為替相場予想の記事を貼り付けてから、そのとおりにトレードしたらどうなったのかを検証していきたいと思います。

ドル円の週間為替相場予想記事どおりにエントリーしてエグジットする

まずは今週のドル円の日足チャートを表示させますね。

下降トレンドラインにぶつかった後、下落するドル円の日足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

次に今週のドル円の週間為替相場予想記事を貼り付けます。

www.fxtrade-blog.com

予想記事を読んでもらえれば分かると思うのですが、どこでエントリーするのか、エグジットするのかを軽く書いていきますね。

まず予想記事には「今週のドル円は政治的な要因がない限り、下落する可能性が高い」と書いています。

なので、その予想どおりにショートでエントリーすることにします。

今回は月曜日から金曜日までのスイングトレードとなりましたので、月曜の朝一にショートでエントリーとしました。

次に損切りのポイントですが、予想記事には「先週の金曜日に下げ過ぎたせいで、少しは戻すかもしれないが、頑張って戻したとしても113円台前半」だと書いてあります。

レートが戻ったとしても113円台前半だとする理由は「4時間足チャートを見ると、一目均衡表の雲の下限が113円付近にあるし、移動平均線(10・20・80EMA)もそのあたりで抵抗線になると思う」からだと予想記事には書いていますね。

なので、損切りは113.50円に設定することにしました。

ここを上抜けすると、さらに上昇する可能性を考えて損切りしないといけないポイントだと思います。

次に利確のポイントですが、「4時間足チャートでは112円前後で、日足チャートでは111円前半で、強めの支持線になりそうな感じの移動平均線があるので、そのあたりでレートは止まりそう。」と予想記事には書いています。

予想記事のとおりに112円前後で利確してもよかったのですが、112円前後に到達したのが火曜日で、予想していたよりも下落の勢いが強いと感じたので、111円前半まで待つことにしました。

それに損切り幅が100pipsくらいですから、最低でもそれ以上の利確をしたかったですし。

予想記事には、利確のポイントを111.30円前後と書いていますので、113.30円に設定します。

トレード結果を検証

結果的には、しっかりと113.30円で利確することができました。

ただ、112円前後で利確しなかったため、水曜・木曜とレンジ相場になり、利確するのが金曜日の夜にもつれてしまいました。

それでも、ほぼ予想どおりの値動きでエントリーからエグジットまでトレードできたので、すごく気持ちいいですね。

試しに、ドル円の週間為替相場予想記事どおりにトレードしてみましたが、これからもこういった記事を書いてみたいと思います。

「週間為替相場予想記事どおりにトレードしてみる」というのも毎週の予想記事と同じように恒例にしてもいいかも知れませんね。

こういうトレードがリアルトレードでできたら良いんですけどね。

エントリー時間・レート:2017年7月17日7時・112.46円

エグジット時間・レート:2017年7月21日21時53分・111.30円

トレード結果:ドル円の週間為替相場予想記事どおりにトレードして+116pips