FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】転換線にぶつかってからの戻り売りを試す

それでは無理矢理恒例にした「週間為替相場予想どおりにトレードしたらどうなるのか」という記事を書いてみたいと思います。

いつものように、今週のドル円の週間為替相場予想の記事を貼り付けてから、そのとおりにトレードしたらどうなったのかを検証していきたいと思います。

それでは書いていきますね。

ドル円の週間為替相場予想記事どおりにエントリーしてエグジットする

まずは今週のドル円の日足チャートを表示させますね。

転換線にぶつかった後に反落するドル円の日足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

次に今週のドル円の週間為替相場予想記事を貼り付けます。

www.fxtrade-blog.com

予想記事を読んでもらえると分かると思いますが、どこでエントリーして、どこでエグジットするのかを書いていきますね。

予想記事を読むと「一旦は下げ止まってから軽く反発し、レンジっぽくなるのではないかと予想します。」と書いてあります。

そして「111円台でのレンジ相場になると予想します。」とも書いてあります。

チャートを見てみると、予想通りに下げ止まってから反発して、その後は安値と高値の間でのレンジみたいになっていると思うんですよ。

ただ、最終日に111円台を割ってしまいました。

なので、完璧に当たったとは言えませんが、それでもだいたい予想どおりだったとは言えると思うんですよ。

それでその予想記事には「週の前半で110.30円あたりをつけたら軽くロングでエントリーしたい」と書いているのですが、残念ながら110.60円あたりまでしか下落しなかったので、ロングでのエントリーは見送ることに。

ロングでエントリー出来ていたら、150pips以上獲れていたので残念ですね。

ただ、ショートでエントリーすることはできました。

予想記事には「112円台になったらがっつりショートでエントリーしたい」と書いています。

「がっつり」と書いていることからも、ショートが本命だったんでしょうね。

なので、予想記事通りに112円でショートとすることにしました。

エグジットは、できれば110.30円あたりでしたかったのですが、そこまで下落しなかったので週の終わりまで持って時間切れでのエグジットとなりました。

トレード結果を検証

今週も予想通りにトレードして、勝つことができました。

たとえまぐれだとしても嬉しいですね。

先週に続き、今週もほぼ予想どおりの値動きでエントリーからエグジットまでトレードできたので言うことありません。

チャートを見ると、転換線なんかも意外と機能しそうなんですよね。

これからは、一目均衡表だけを表示させたチャートで分析してみるのも面白いかも知れないですね。

来週は、どちらに行くか予想しづらい相場になりそうですが、それでも今回のようなトレードをやってみたいと思います。

チャートを見ると一目均衡表の遅行線がローソク足よりも下になったので、下にいく可能性の方が若干ですが高いと思うのですがどうなりますかね。

エントリー時間・レート:2017年7月28日8時頃・112円

エグジット時間・レート:2017年7月29日6時頃・110.70円

トレード結果:ドル円の週間為替相場予想記事どおりにトレードして+130pips

こちらは、前回のドル円の週間為替相場予想記事どおりにトレードしてみた記事です。

www.fxtrade-blog.com