FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

ドル円の週間為替相場予想2017/7/31~8/4

毎週日曜日の21時に、ドル円の週間為替相場予想の記事を書くようにしているので、今週も書いていきたいと思うのですが、今週は予想するのが難しいですね。

8月に入って相場も閑散としてくるでしょうし、テクニカル分析が有効に機能しづらい環境になりそうです。

それでも毎週予想すると決めているので、予想記事を書きますけどね。

それでは、いつものように先週のドル円の予想記事を貼り付けて、予想した結果を検証した後に、今週のドル円の為替相場を予想していきたいと思います。

先週のドル円の週間為替相場予想

まずは、先週に予想したドル円の週間為替相場予想の記事を貼り付けておきます。

けっこう当たっているので、一度読んでもらえると嬉しいです(笑)。

www.fxtrade-blog.com

次にドル円の日足チャートを表示させますね。

トレンドラインの中で推移するドル円の日足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それでは、先週の週間為替相場予想を振り返ってみたいと思います。

先週の予想記事を読んだ感じでは、かなり予想は当たっています。

まぐれなのはわかっていますが、とても嬉しいです。

予想記事では「一旦は下げ止まってから軽く反発し、レンジっぽくなるのではないかと予想します。」と書いてあります。

月曜と金曜の安値がほぼ同じことを考えれば、レンジ相場と言っていいと思うので予想はあたりですね。

上値の限度は112円前後と予想したのも当たりました。

ただ、下値は110.30円辺りとしていたのですが、110.50円辺りまでしか下落しませんでしたね。

でも20pipsくらいの誤差は当たりで良いだろうと思うんですよね。

正直、こんなに当たるのも珍しいので、相当分かりやすい展開だったのかも知れないですね。

毎週、これくらい予想が当たったら言う事ないんですけどねぇ。

今週のドル円の週間為替相場予想

次に今週のドル円の週間為替相場予想をしていきますね。

まずは、ドル円の4時間足チャートを表示させてみます。

上昇トレンドラインを下にブレイクしたドル円の4時間足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

4時間足チャートを見ると、上昇トレンドラインを下にブレイクしているので、まだ下落しそうな感じもするのですが、私はこの辺りで一旦下落は止まるのではないかと予想しています。

別にこれといった理由はないんですけどね。

日足チャートではちょうどレートが小さな雲の中で推移していますし、今週は下がっても110円前後だろうと思っています。

一度は日足チャートの200、320EMA(黄緑色と水色の移動平均線)あたりまで上昇するのではないかと予想します。

4時間足チャートでも、そのあたり(111.30~111.50円)に雲があって上昇を阻みそうですし。

それ以上はさすがに厳しいような気がするので、基本は110円台でのレンジっぽい1週間になるのではないかと思っています。

日足チャートを見ると、このトレンドライン内では高値から安値まで1ヶ月くらいかけて下落しているんですね。

なので、今週も下落してしまうと下落のスピードが速すぎることになってしまうということも考えて、今週は上昇トレンドラインまでレートは落ちて来ないだろうと予想してみました。

まとめ

最後にまとめておきますね。

今週のドル円は下落基調ではあるが、多少の戻しがある1週間だと予想します。

上値の限度は111.30~111.50円で、下値の限度は110円前後だと予想します。

ロングでエントリーするなら、週の前半で110円を割って下げ止まったところでエントリーして、111円の手前でエグジットしたいですね。

110円を割ってからの戻しの勢いが弱いようなら、すぐに30pipsくらいで損切りしたいですね。

ショートでエントリーするなら、111.30円あたりでエントリーして週末まで持っていたいですね。

110円前半でエグジットできれば満足かな。

111.50円を超えたら損切りですかね。

とりあえずはこんな感じです。

今週の予想はどうなりますかね。

当たると良いけど。