FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを分析して為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

ドル円の週間為替相場予想2017/8/21~8/25

毎週日曜日の21時に、ドル円の週間為替相場予想の記事を書くのが恒例になっているので、今週も書いていきたいと思います。

正直、円安にいくのか円高にいくのかまったくもって分かりませんが、とりあえず予想はしようと思います。

現在のドル円はちょうど、円安に行くか円高に行くかの分岐点に差し掛かっているところだと思うので、どちらにいくかははっきりと言えないです。

なので、予想はしますが参考にしないでくださいね。

それではいつものように、先週のドル円の予想記事を貼りつけてから、先週に予想した結果を検証した後に、今週のドル円の為替相場を予想していきたいと思います。

先週のドル円の週間為替相場予想

まずは、先週に予想したドル円の週間為替相場予想の記事を貼り付けておきます。

www.fxtrade-blog.com

次にドル円の日足チャートを表示させます。

なんとか上昇トレンドラインあたりに留まるドル円の日足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それでは、先週のドル円の週間為替相場予想を振り返っていきます。

先週の予想記事には「ドル円は、下げ止まり軽く反発する可能性が高いと予想します。」と書いています。

いちおう、下げ止まってから反発しているので、当たっていると言えば当たっているのですが、上値の限度を外してしまっているので減点ですね。

予想記事では「上値の限度は109.50~110円あたりで、下値の限度は先週の安値の108.72円前後(これを突破されたら108円前後)だと予想します。」とかいてあります。

先週のドル円は、111円手前まで上昇したので100pipsも予想を外してしまいました。

安値は108.60だったので、予想記事とそう変わらない結果となったので良しとします。

それと個人的には8月11日の安値は更新しないだろうと思っていたのですが、これも10pips程度ですが更新してしまっています。

まぁ、いちおう下げ止まって反発したので当たりとしておきたいと思います。

今週のドル円の週間為替相場予想

次に今週のドル円の週間為替相場予想をしていきますね。

まずはドル円の週足チャートを表示させます。

一目均衡表の雲の中で推移するドル円の週足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

週足チャートを見ると、一目均衡表の雲の下限と200EMA(黄緑色の移動平均線)が重なっているところでレートが2週間連続で止まっているのが分かると思います。

ただ、直近の足は陽線になっているとはいえ、ものすごい上髭になっているのが気になりますね。

この上髭陽線を見ていると、今週は上値の重い展開になりそうな予感がします。

上値が重いとはいえ、下値も一目均衡表の雲の下限をはっきりと突破されない限りは、それほど心配することもないかと思います。

ここを突破されたらもう下だと思います。

今週も雲の中で推移するレンジ相場になりそうです。

まとめ

最後にまとめておきますね。

今週のドル円は、週足チャートの一目均衡表の雲の中で推移するレンジ相場になると予想します。

上値の限度は先週の高値付近の110.50円~111円で、下値の限度は108.13円だと予想します。

ロングでエントリーするなら、月曜の朝一でエントリーして50pipsくらいの含み益で利確したいですね。

損切りは108.70円くらいですかね。

ショートでエントリーするなら、111円の手前でエントリーしたいですね。

利確は110円前半で、損切りは111.30円あたりですかね。

しばらく予想がしにくい環境が続くとは思いますが、外れてもいいので予想記事だけは書いていこうと思います。