FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析(テクニカル分析)をして為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】1分足の一目均衡表でスキャルピングをしてみる

今回のFXチャート分析は、1分足の一目均衡表を使ってスキャルピングをしてみたいと思います。

選択した通貨ペアはドル円です。

一目均衡表は、個人的には日足ベースが一番機能すると思うのですが、短い足でも機能するのか何度か試してみようと思います。

おそらくですが、1分足の一目均衡表を使ってスキャルピングをしているトレーダーはほとんどいないと思うので、少しでも参考になれば幸いです。

それでは一目均衡表を表示させたドル円の1分足チャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

エントリーとエグジットの根拠

まずは、エントリー時のドル円の1分足チャートを表示させますね。

一目均衡表を表示させたドル円の1分足チャート(エントリー時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

実は一目均衡表を1分足で使うのは初めてなので、慣れるまで少し時間がかかるかと思いますが許してくださいね。

ドル円の1分足チャートを見てください。

転換線(青色)にぶつかって、レートが反落しています。

私はこれをみて、直近の安値を更新するだろうと予想して、ショートでエントリーしました。

反落と言っても1分足ですから2pips程度でしかないので、根拠は相当弱いと思います。

まぁ、分かってて1分足で試しているのですが・・・

利確の場合のイメージは、直近の安値を更新して勢いよく下落したあたりでエグジットという感じでしょうか。

5pipsくらいで利確できたら満足です。

損切りの場合は、エントリーした足の高値を超えて、一目均衡表の雲の中に突入したあたりにしようと思います。

2~3pipsくらいの損切りですね。

いくらスキャルピングと言っても、利確や損切りの幅が狭いような気がするのですが、この時間帯はあまり相場が動かないので仕方がないですね。

トレード結果を検証

それでは、エグジット時のドル円の1分足チャートを表示させますね。

一目均衡表を表示させたドル円の1分足チャート(エグジット時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

今回は残念ながら負けてしまいました。

なかなか、安値を更新せずにそのまま反発してしまったので、損切りとしました。

エグジットした後もしばらくチャートを眺めていたのですが、そのまま上に行ったので、早めに損切りしておいて良かったです。

このドル円の1分足チャートを見ていると、後15分くらい早くにエントリーするべきだったなぁ、と反省しています。

ただ、チャートを開いたときにはチャンスを逃した後だったので、今回のエントリーポイントになってしまいました。

まぁ仕方ありませんね。

後は、スキャルピングにしては保有時間が30分もあるので、もう少し早めにエグジットしておけばよかったかなぁ、とも思っています。

まだ1度した試していないので、もう少し一目均衡表の1分足が機能するのか検証してみたいと思います。

エントリー時間・レート:2017年12月11日20時48分頃・113.37円

エグジット時間・レート:2017年12月11日21時22分頃・113.38円

トレード結果:転換線にぶつかって反落したところをショートでエントリーし、一目均衡表の雲の上限あたりでエグジットして-1pips

こちらは、過去のドル円に関する記事です。

www.fxtrade-blog.com

こちらは過去のスキャルピングに関する記事です。

www.fxtrade-blog.com