FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析(テクニカル分析)をして為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】5分足の一目均衡表を使ってスキャルピング

今回のFXチャート分析は、5分足の一目均衡表を使ってスキャルピングをしてみたいと思います。

選択した通貨ペアはドル円です。どうしても、基本的にドル円中心になってしまいますね。

スキャルピングにしては保有時間は長くなりましたが、当ブログでは1時間以内のトレードはすべてスキャルピングに分類しているので、ご了承ください。

それでは、ドル円の5分足チャートに一目均衡表を表示させて、チャート分析(テクニカル分析)をして予想したエントリーやエグジットの根拠を書き、その結果を検証していきたいと思います。

エントリー・エグジットの根拠

ドル円のエントリー時の5分足チャートをまずは表示させます。

一目均衡表を表示させたドル円の5分足チャート(エントリー時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それでは、エントリーの根拠から書いていきますね。

チャートをパッと見るとあまりエントリーに適した感じではないように見えますが、スキャルピングなので一瞬だけでも上昇してくれたら利確できるのでエントリーしてみました。

チャートの白い水平線を見てください。

この付近でレートが安値を更新せずに2度反発しているのが分かると思います。

私は、これを見て「少しの時間は上に行きそうだな」と判断しました。

「下がらないんだから上がるでしょ」というアバウトな感じでのエントリーです。

それに、直近2時間内の高値を更新していたので、もう少しは上がりそうだと思ったのもあります。

次にエグジットの根拠を書きます。

利確する場合は、単純に一目均衡表の雲の上限付近で抵抗は強くなるだろうと予想して、雲の上限付近まできたらエグジットすることにしました。

エントリーポイントから雲の上限まで5~10pipsはあるので、「スキャルピングにはちょうどいい目標かな」という感じです。

損切りする場合は、ローソク足の終値が転換線・基準線を下回ったときにエグジットするようにします。

「ここまで下がったら、上はないな」というあきらめのエグジットです。

トレード結果を検証

ドル円のエグジット時の5分足チャートを表示させます

一目均衡表を表示させたドル円の5分足チャート(エグジット時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

なんとか、当初の計画通りエグジットすることができました。

雲の上限まで勢いよく上昇したところで迷わずエグジットできたので良かったですね。

いつもなら、「もうちょっと上昇するんじゃないの?」なんて考えてしまうところですが、今日は迷わずにスクリーンショットできました(笑)。

ポイントとしては、レートが一目均衡表の雲の上限付近まで上昇したこと、基準線と遅行線がぶつかったことの2つですかね。

遅行線と基準線って交差したときに、そのままゴールデンクロスみたいな形にならず、反落しちゃうことが多いように個人的には感じています。

遅行線が基準線を勢いよく上抜いたりした場合は、しばらく上昇するイメージが強いんですけど。

今回は、そこまで強い感じはしなかったので、基準線と遅行線がぶつかったのを見て、もうそろそろエグジットしておこうと思えましたね。

エグジットした後もしばらくチャートを眺めていたのですが、雲の上限付近まで上昇した後は反落していたので、スキャルピングとしてはあそこで利確しておいて正解だったかなと思っています。

それにしても、バーチャルトレードだと安定して勝てますねぇ。トレードあるあるですね(笑)。

エントリー時間・レート:2018年2月7日18時58分頃・109.05円

エグジット時間・レート:2018年2月7日19時21分頃・109.12円

トレード結果:直近安値を更新せずに反発したので、少しは上昇すると判断してロングでエントリーし、基準線と遅行線がぶつかった時点でエグジットして+7pips

こちらは、ドル円のスキャルピングに関する記事です。

www.fxtrade-blog.com