FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析(テクニカル分析)をして為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】足長同時線に注目しロングでエントリーするも損切り

今回のFXチャート分析は、ボリンジャーバンドを表示させたドル円の日足チャートを使ってスイングトレードをしてみたいと思います。

とは言っても、今回はボリンジャーバンドではなく、ローソク足に注目してのエントリーなので予めご了承ください。

今回は残念なトレードになってしまいましたが、備忘録として残しておきますね。

さっそく、チャート分析(テクニカル分析)をして予想したエントリーやエグジットの根拠を書き、その結果を検証していきたいと思います。

エントリー・エグジットの根拠

まずは、ボリンジャーバンドを表示させたドル円の日足チャートを貼り付けますね。今回はスマホでチャートをスクリーンショットしました。

ボリンジャーバンドを表示させたドル円の日足チャート(エントリー時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それではエントリーの根拠を書いていきますね。

チャートを見ると、直近のローソク足に足長同時線が出現しているのが分かると思います。

足長同時線は底値圏で現れると転換のサインになることがあると言われているローソク足の形です。

私はこれをみて、20MA(青色の移動平均線)まではレートは戻るのではないかと考えロングでエントリーしました。

けっこう自信のあるエントリー根拠でした。

次にエグジット根拠を書きます。

利確する場合は、さきほども書きましたが、ボリンジャーバンドの20MAにぶつかったときにエグジットです。

ロングでエントリーしましたが、ドル円相場自体は下げ基調であることに変わりはないので、あまり欲張らずエグジットしようと考えました。

損切りする場合は、足長同時線の安値を更新したあたりでエグジットします。ここまで下落したら、しばらく上はないだろうと判断してのエグジットです。

トレード結果を検証

ドル円の日足チャートを表示させてトレード結果を検証しますね。

ボリンジャーバンドを表示させたドル円の日足チャート(エグジット時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

今回は残念ながら損切りとなってしまいました。

足長同時線でのエントリーでけっこう自信があったのですが、ダメでしたね。

反省点としては、足長同時線が出現したからといって、すぐにエントリーするのではなく、足長同時線の高値をレートが超えるまで待ってから、満を持してエントリーするべきでした。

これからはエントリーチャンスが来ても、すぐに飛びつかないように気をつけないといけません。

それにしても、スイングトレードは勝っても負けても、pips幅が大きくなるので怖いですねぇ。

エントリー時間・レート:2018年2月12日8時30分頃・108.79円

エグジット時間・レート:2018年2月13日16時頃・107.75円

トレード結果:足長同時線に注目し上昇すると判断してロングでエントリーするも、思いっきり逆行されてエグジットし-104pips

こちらは、ドル円に関する記事です。

www.fxtrade-blog.com

こちらは、スイングトレードに関する記事です。

www.fxtrade-blog.com