FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析(テクニカル分析)をして為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】1分足のボリンジャーバンドでルールに従ってトレード

〔バーチャルトレード〕

久しぶりに、FXのチャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

今回はドル円のスキャルピングで検証してみたいと思います。

昨年からずっと試している、1分足とボリンジャーバンドを使用したトレードです。

さっそく、チャート分析(テクニカル分析)をして予想したエントリーやエグジットの根拠を書き、その結果を検証していきたいと思います。

エントリー・エグジットの根拠

まずは、エントリー時のドル円の1分足を表示させます。

ドル円の1分足のボリンジャーバンド(エントリー時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

今回の場合、エントリーやエグジットの根拠は、事前に決めたルールに従ってトレードするので、トレードルールを簡単に書いておきます。

エントリーのルールは、レートが20MA(黄色の移動平均線)を上抜けして、20MAの向きも上方向に向いたらロングでエントリーする、というものです。

ショートでエントリーする場合は、このルールをすべてひっくり返してください。

今回は、レートが上から下に抜けたので、ショートでエントリーしました。

エグジットのルールは、損切りの場合と利確の場合の2つあります。

損切りの場合は、ローソク足の終値が完全に20MAの下で、20MAの方向も下向きになったときに損切り、というルールです(ショートの場合はすべて逆)。

利確の場合は、ボリンジャーバンドが開いた後(エクスパンションした後)の3σにタッチした時点で利確、というルールです(ショートの場合はすべて逆)。

こんな感じの取り決めで、1分足のボリンジャーバンドを使用する場合はトレードしています。

トレード結果を検証

エグジット時のドル円の1分足チャートを表示させます。

ドル円の1分足のボリンジャーバンド(エグジット時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

なんとか、今回も1分足とボリンジャーバンドを使用したトレードで勝つことができました。

ただ、エグジットして数分後に5pips以上下落したので、もう少しだけ待っていてもよかったかも知れないです。

何気に、このルールを使用したトレードは勝率が高くなってきているような気がします。

4月からリアルトレードを解禁したので、1,000通貨くらいで試しに今回のルールでトレードしてみようと思っています。

エントリー時間・レート:2018年4月4日16時5分・106.62円

エグジット時間・レート:2018年4月4日16時8分・106.56円

トレード結果:事前に取り決めたトレードルールにより、20MAを下抜けしたところでエントリーし、ボリンジャーバンドの-3σにレートがタッチしたところでエグジットして+6pips

こちらは、ドル円に関する記事です。

www.fxtrade-blog.com

こちらは、スキャルピングに関する記事です。

www.fxtrade-blog.com