FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析(テクニカル分析)をして為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

【ドル円】1分足のボリンジャーバンドの3σと一目均衡表の転換線でスキャルピング

〔バーチャルトレード〕

久しぶりに、FXのチャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

今回はドル円のスキャルピングで検証してみたいと思います。

1分足のチャートにボリンジャーバンドの3σと一目均衡表の転換線を表示させて検証してみたいと思います。

さっそく、チャート分析(テクニカル分析)をして予想したエントリーやエグジットの根拠を書き、その結果を検証していきたいと思います。

エントリー・エグジットの根拠

まずは、エントリー時のドル円の1分足を表示させます。

ボリンジャーバンドと一目均衡表を表示させたドル円の1分足チャート(エントリー時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

今回は、以前から試している1分足のボリンジャーバンドのトレードルールと同じです。だって、20MAが転換線に変わっただけですからね。

エントリーのルールは、レートが転換線(赤色の線)を上抜けして、転換線の向きも上方向に向いたらロングでエントリーする、というものです。

転換線を使用することで、20MAよりも早めのエントリーになります。

エグジットのルールは、損切りの場合と利確の場合の2つあります。

損切りの場合は、ローソク足の終値が完全に転換線の下で、転換線の方向も下向きになったときに損切り、というルールです。

利確の場合は、ボリンジャーバンドが開いた後(エクスパンションした後)の3σにタッチした時点でいつでも利確OK、というルールです。

トレード結果を検証

エグジット時のドル円の1分足チャートを表示させます。

ボリンジャーバンドと一目均衡表を表示させたドル円の1分足チャート(エグジット時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

なんとか、勝つことはできましたが、途中あぶない場面もありましたね。

よく見ると、途中で転換線が下向きになっている部分があるのですが、エントリーした時点の転換線と高さが同じだったので、我慢することにしました。

その後は上昇に転じてエグジットすることはできましたが、なんかスッキリしないですね。

エントリーした時間帯はトレンドが発生していなかったので、次にトレードするときは値動きがある時間帯を狙って試してみたいと思います。

エントリー時間・レート:2018年9月14日19時40分・111.78円

エグジット時間・レート:2018年9月14日20時03分・111.82円

トレード結果:事前に取り決めたトレードルールにより、転換線を上抜けしたところでエントリーし、ボリンジャーバンドの3σにローソク足がタッチした後、3σからローソク足が離れたところでエグジットして+4pips

こちらは、ドル円に関する記事です。

www.fxtrade-blog.com

こちらは、スキャルピングに関する記事です。

www.fxtrade-blog.com