FXチャート分析予想検証ブログ

FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析(テクニカル分析)をして為替相場を予想し、結果を検証するためにブログを立ち上げました。管理人自身の備忘録的なブログですので、必ずしも読者に有益な情報を提供できるものではありません。

5分足の時系列練行足でデイトレード

〔リアルトレード〕

それでは、FXのチャートを分析して予想し、その結果を検証していきたいと思います。

珍しくユーロ円のデイトレードで検証してみたいと思います。

今回は時系列練行足(Renko Adaptive Indicator)を5分足のチャートに表示させて検証してみたいと思います。

さっそく、チャート分析(テクニカル分析)をして予想したエントリーやエグジットの根拠を書き、その結果を検証していきますね。

エントリー・エグジットの根拠

まずは、エントリー時のユーロ円の5分足を表示させます。

時系列練行足(Renko Adaptive Indicator)を表示させた5分足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

今回、新しく試してみようと思ったテクニカル指標の時系列練行足はあまり馴染みのない方も多いと思いますが、個人的に試してみたかったので検証してみました。

チャートに表示されている時系列練行足は、赤と青の線です。

黄色の線はただの20MAです。時系列練行足と比較したかったので、表示させておきました。

トレードルールはとても簡単で、ローソク足の終値が赤い線の上にあったらロングでエントリーするだけです。

ショートする場合は、ローソク足の終値が青い線の下にあったら、エントリーします。

エグジットは、ロングの場合は青の線をローソク足の終値が下回ったとき、ショートの場合は赤の線をローソク足の終値が上回ったときです。

今回は、ローソク足の終値が赤の線を上回ったのでロングでエントリーとしました。

エグジットは、ローソク足の終値が青の線を下回ったときですが、獲得pips等を考慮して、それよりも早めに赤の線を下回ったときにエグジットしてもOKということにしたいと思います。

トレード結果を検証

エグジット時のユーロ円の5分足を表示させます。

時系列練行足を表示させたチャート(エグジット時)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

いちおう、勝つことはできましたね。

ローソク足の終値が青い線を下回るまで粘ろうかと思いましたが、雇用統計も控えていたので、早めに終わることにしました。

時系列練行足は初めて使用したので、今回の検証だけではなんとも言えませんが、トレンド系のテクニカル指標の中でも気になるテクニカル指標なので、しばらく使ってみようと思います。

また、1分足の時系列練行足を使用したスキャルピングなんかも試してみますね。

いつになるかは分かりませんが(笑)。

エントリー時間・レート:2018年10月5日19時35分・130.97円

エグジット時間・レート:2018年10月5日20時45分・131.08円

トレード結果:事前に取り決めたトレードルールにより、赤い線を上抜けしたところでエントリーし、赤い線をローソク足の終値が下回ったところでエグジットして+11pips

こちらは、過去のデイトレードに関する記事です。

www.fxtrade-blog.com